逆流性食道炎の原因と治療方法を知る

医療

逆流性食道炎の原因と治療方法を知る

食事は毎日の生活の中で大事な行為です。
おいしいものを好きなだけ食べると幸せな気分になれます。
必要な行為ではありながら、楽しみの一つとして食事をする人もいます。
せっかくの楽しみな食事なのに、食事をして気分が悪くなるときがあります。
胸やけなどを感じたら逆流性食道炎の可能性が出てきます。
逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流する症状になります。
食事をすると食べ物は食道を通って胃に送られます。
胃には強い胃酸が出るようになっていて、食べ物をどんどん消化してくれます。
食べ物を消化するぐらいなので非常に強い酸になりますが、これが食道に逆流すると食道に潰瘍ができてしまいます。
逆流性食道炎程度で収まっていれば、特に治療などは必要ありません。
原因としては大食い、早食い、高脂肪食の過剰摂取などがあります。
それらを改善すると逆流しにくくなるので胸やけなども収まります。
症状がひどくなって改善が見られないときは手術によって逆襲しないようにする治療も行われます。